クラウドネットワークシンポジウム2013 ~広域災害対応型クラウド基盤構築に向けた研究開発~ 2013年2月20日 11:00-17:30(10:30 受付開始) アキバ・スクエア(東京・秋葉原)

2012年度の総務省委託研究として、以下に示す研究テーマに取り組んでまいりま した。

・広域災害対応型クラウド基盤構築に向けた研究開発
 -高信頼クラウドサービス制御基盤技術
 -環境対応型ネットワーク構成シグナリング技術
 -省電力アクセスネットワーク制御技術

本シンポジウムでは、この研究開発の成果を広く理解していただくことを目的に、 委託研究各社による研究発表や研究テーマ間を連携させたデモンストレーション を行います。 また、グローバルクラウド基盤連携技術フォーラム(GICTF)の協力を得て、 基調講演や有識者によるパネルディスカッションも予定しております。

本研究成果にご興味をお持ちの方や、現在注目を集めているネットワーク仮想化/ SDN/OpenFlowの動向に関心のある皆様のご来場をお待ち申し上げております。

プログラム概要

プログラム概要
11:00~ 受付・デモ展示説明

研究成果の展示およびデモンストレーションをご覧ください。

13:00~
13:05
開会のご挨拶

総務省 総合通信基盤局長
吉良 裕臣 氏 (予定)

13:05~
13:45
招待講演1

『東日本大震災における情報通信手段の実状と
 必要とされる災害情報システムについて』

岩手県立大学
 理事/副学長 地域連携本部長 ソフトウェア情報学部 教授
柴田 義孝 氏

13:45~
14:05
研究発表1

『高信頼クラウドサービス制御基盤技術の研究開発』

日本電信電話株式会社
 セキュアプラットフォーム研究所 プロジェクトマネージャ
小林 秀承 氏

14:05~
14:15
~休憩(10分)~
14:15~
14:35
研究発表2

『環境対応型ネットワーク構成シグナリング技術の研究開発』

株式会社日立製作所
 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部
 ネットワークグランドデザイン本部 製品戦略企画部 主管技師
高瀬 晶彦 氏

14:35~
14:55
研究発表3

『省電力アクセスネットワーク制御技術の研究開発』

日本電気株式会社
 クラウドシステム研究所 研究部長
田中 淳裕 氏

14:55~
15:25
招待講演2

『ビッグデータに対応するインタークラウドの推進』

グローバルクラウド基盤連携技術フォーラム(GICTF)会長
慶應義塾大学 理工学部 訪問教授
青山 友紀 氏

15:25~
15:35
~休憩(10分)~
15:35~
17:00
パネルディスカッション

『クラウド利用推進の現状と課題
 ~クラウド技術の発展による産業活性化にむけて~ 』

モデレータ:
情報セキュリティ大学院大学 教授 後藤 厚宏氏
パネラー:
  • 総務省 大臣官房審議官 谷脇 康彦氏
  • 日経BP社 日経コンピュータ編集長 吉田 琢也氏
  • 株式会社博報堂 テーマビジネスユニット
     ソーシャルアカウント局 アカウントディレクター
    JCC業務連携クラウドWG主査
    高瀬 博敏氏
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
     クラウドサービス部
     ホスティング&プラットフォームサービス部門
     サービスマネジメント担当 担当部長 栗原 秀樹 氏
  • 日本電気株式会社 中央研究所 主席技術主幹 加納 敏行氏
~17:30 デモ展示説明

研究成果の展示およびデモンストレーションをご覧ください。

What's New


お問い合わせ先

クラウドネットワークシンポジウムに関するお問い合わせは、 メールより受け付けております。
会社などの所属団体名、氏名、連絡先をご明記のうえ、お送りください。
なお、本シンポジウムに関する内容以外は、お答えしかねますので あらかじめご了承ください。

主催

「広域災害対応型クラウド基盤構築
に向けた研究開発」
受託機関

委託元

総務省

協力